偉大なる私鉄
東武鉄道

 管理人扶桑座とテツバ創始者ハイスクール氏が幾度となく利用した偉大なる東武鉄道の車両に関するページです。

東武鉄道

 東武鉄道は都心から北関東方面に路線網を巡らせる偉大なる私鉄。皇紀2559年(明治32年)に北千住〜久喜で営業を開始したのが最初である。当初こそ経営不振であったものの、根津嘉一郎(初代。後に長男が2代目嘉一郎を名乗る。現在は2代目嘉一郎の息子=初代の孫である根津嘉澄が社長)が経営を開始して以来息を吹き返し、順次路線を延ばしていった。また、近隣の私鉄を数多く吸収合併していった。大きく分けて、浅草を起点に北へ延びる伊勢崎線・日光線とその支線(野田線、宇都宮線、鬼怒川線、佐野線など)からなる本線系統と池袋から埼玉西部に延びる東上本線と支線の越生線による東上線系統に分かれる。路線網は次の通りである。

本線系統
・伊勢崎線(浅草〜東武動物公園〜館林〜伊勢崎)
・日光線(東武動物公園〜東武日光)
・宇都宮線(新栃木〜東武宇都宮)
・鬼怒川線(下今市〜新藤原)
・亀戸線(曳舟〜亀戸)
・大師線(西新井〜大師前)
・佐野線(館林〜葛生)
・桐生線(太田〜赤城)
・小泉線(館林〜西小泉・太田〜東小泉)
・野田線(大宮〜春日部〜柏〜船橋)

東上線系統
・東上本線(池袋〜川越市〜小川町〜寄居)
・越生線(坂戸〜越生)


 同一鉄道会社内にありながら、東上本線は元々東上鉄道が建設した路線を東武鉄道が買収したものであり、両者は直接接続していない。また会社設立の経緯から伊勢崎・日光線が本線の位置づけであるが、池袋に直結している東上線の方が収益性が高い。なお、両系統とも車両は基本的に同一であり、本線系統と東上線系統の車両の入れ替えを行う事も多く、この場合は、伊勢崎線と東上本線のいずれにも接続する秩父鉄道を経由して回送をする。

 なお、かつては貨物輸送も盛んに行われており、佐野線葛生方面での石灰石輸送をはじめ、宇都宮線西川田駅経由の大谷石輸送、また沿線河川から産出される砂利輸送等のために、多数の貨物線を擁していた。しかし、最後まで残った北館林荷扱い所〜久喜の石油輸送を最後に貨物輸送からは撤退した(廃止は皇紀2663年だったが、全国の大手私鉄で最後まで見られた貨物列車であった)。また、伊香保線や日光軌道線等の路面電車や矢板線・熊谷線などの非電化路線を有していたが、これらは全て廃止され、現在では全線が電化された普通鉄道線となっている。

蒸気機関車 5 6 30
その他の保存車 デハ5
吊り掛け駆動車(通勤用) 3000系 5050系 5070系
カルダン駆動抵抗制御車(通勤用) 2000系 8000系
カルダン駆動抵抗制御車(中距離・特急用) 1800系 6050系 1720系
300・350系 200系
電機子チョッパ制御車 9000系 20000系
界磁チョッパ制御車 10000系 10030系
VVVFインバーター制御車(通勤用) 10080系 9050系 20050系
20070系 30000系 50000系
50050系
VVVFインバータ制御車(特急用) 100系 250系

車両図鑑(暫定)に戻る

inserted by FC2 system