特急形気動車

 国鉄の特急形気動車は世界初の営業用特急形気動車80系気動車が昭和35年10月に東北特急『はつかり』で誕生した時より始まる。この80系は全国の非電化区間に多くの特急列車を生み出す事に貢献したが、搭載していたDMH17H型エンジンが180PSであり、それに起因して高速走行時における電車特急と比べて低い速度、それ以上に山岳区間においての著しい速度低下(これはDMH17系を搭載した形式に言える)により、新形式の開発が望まれた。紆余曲折の末に昭和43年に誕生したのが181系気動車である。全国区向けの特急形気動車は80系、181系のみにとどまり、国鉄末期には北海道に183系、四国に185系が投じられた。JR時代は非電化路線が多いJR北海道やJR四国が新型特急形気動車を続々と投入している。

キハ80系列 キハ181系列 キハ183系列
キハ185系列 キハ187系列 キハ281系列
キハ261系列 キハ283系列

車両図鑑(暫定)に戻る

inserted by FC2 system