一般形気動車

 戦前に出現した機械変速式のガソリン動車であるキハ04(キハ41000)系、キハ07(キハ42000)系は、閑散線区のローカル運用で力を発揮していたものの、機械変速ゆえの総括制御が出来ないという欠点があった。大東亜戦争中、そして戦後すぐの間に一旦気動車開発は停滞するが、暗黒の占領時代を過ぎると、戦時中の時点である程度開発が進んでいた気動車用ディーゼルエンジンの開発が再開され、こうして初の量産型液体変速式気動車である17系が皇紀2613年(昭和28年)以降相次いで登場し、地方非電化線区に残る蒸気機関車牽引のローカル客車列車を置き換えていったのである。以降、非電化線区のローカル輸送に無くてはならないものとして、今日でも多くの一般型気動車が活躍を続けている。

1.国鉄形気動車

1-1.DMH17系機関搭載形式

 戦前の内燃動車はほとんどがガソリンエンジンであったが、戦時中にそれらのガソリンカーが搭載していたGMH17型機関を元にディーゼルエンジンが開発されていた。戦局の悪化、そして占領期に渡って石油系燃料がおいそれと使用できる状況ではなかったため、鉄道用ディーゼル機関の開発は停滞していたが、昭和26年の段階でその後しばらく国鉄気動車の主要ディーゼル機関となるDMH17の開発にほぼ成功している。その後、幾度も試験を重ね、皇紀2613年(昭和28年)に登場した17系気動車が、DMH17型ディーゼルエンジンと液体変速機をあわせた初の量産形式として登場した。また、17系では貫通扉が導入され、最低1両単位の柔軟な運用を可能としたのも特徴である。これより約15年間、一般型のみならず急行形、特急形に至るまでほとんどDMH17系ディーゼル機関を搭載した気動車が大量に製造されたのである。
 DMH17系ディーゼル機関を搭載した一般型気動車は次の通り。なお、戦前型のガソリンカー、キハ04(キハ41000)、キハ07(キハ42000)なども戦後になって順次DMH17に換装された。

キハ17系列(キハ10・キハ11・キハ17等) キハ20系列(キハ20・キハ22・キハ52・キハユニ25等)
キハ35系列(キハ30・キハ35・キハ36) キハ45系列(キハ23等)


1-2.昭和50年代以降製造車

キハ66・67形 キハ40系列(キハ40・キハ47・キハ48形)


1-3.国鉄末期製造車

 皇紀2647年(昭和62年)度の国鉄民営化を控え、経営基盤の弱い北海道、四国、九州向けに、老朽気動車置換えや維持費削減等を目的に幾つかの一般型気動車が作られた。これらの気動車は、ステンレス車体、小型車体、廃車発生品の再利用、など幾つかの要素を共有している場合が多い。

キハ31形 キハ54形





2.JR化後製造車

JR化後に製造された一般型気動車は、より地域性に富んだ仕様の車両が多数出現している。

キハ150形 キハ110形
キハ200・220形 キハ120形

車両図鑑(暫定)に戻る

inserted by FC2 system