専用鉄道・その他の軌道系交通機関(暫定)

下関市営火の山ロープウェイ

かんじゅ(2) 皇紀2665年11月23日 火の山駅

  下関市が運営する唯一の軌道系交通機関である火の山ロープウェイは、麓側に壇の浦駅、山頂側に火の山駅を有す。近年は赤字により運休状態の時が続いたが、昨年(皇紀2665年)10〜11月と今年3〜5月、及び7月〜8月に期間限定で運行され、今後の存廃についてのデータを取る模様。搬機は1が『まんじゅ』、2が『かんじゅ』と愛称がつき、由来は長府沖の関門海峡に存在する二つの島の名からとった。山頂からの眺めは素晴らしい。山頂まで自家用車で入れるのが直接的な赤字原因と思われるが、このロープウェイは片道200円であり、うちのケチ会計のようなひねくれ者でなければ、決して出せないことはない金額であろう、運行の際には是非乗って存続へ協力すべし。 

沖縄都市モノレール(ゆいレール)

1000形(1208-1108) 皇紀2666年4月20日 旭橋

 沖縄都市モノレールは大東亜戦争末期の沖縄戦で壊滅した沖縄県営鉄道以来の沖縄本島における軌道系交通機関で、皇紀2663年に開業した。全列車1000形2両編成で運転される。
 ナガえもん氏に沖縄都市モノレールに乗車したことを告げると、「モノレールは小倉にあるでしょ」と一蹴された。そりゃないよナガえもん…

車両図鑑(暫定)に戻る

inserted by FC2 system