バス全般(暫定)

管理人はバスについてまったくと言っていいほど無知ですので、汚い画像を載せるにとどめます。

サンデン交通

 サンデン交通は我が下関市に路線網を張り巡らせるバス会社で元々は山陽電気軌道として路面電車の運行も行っていた。


山口200か・504 皇紀2666年4月26日 三百目

山口22う3324 皇紀2666年4月26日 三百目

山口200う・71 皇紀2666年4月26日 三百目

船木鉄道

 その名の通り、かつては鉄道線を有していたバス会社で、最盛期は西宇部(JR山陽本線の宇部)〜吉部に非電化1067mmの路線があったが、大東亜戦争中に途中の万倉〜吉部が休止、残った西宇部〜万倉も皇紀2621年(昭和36年)に全廃されてしまった。現在では、宇部地区(特に旧楠町地内)を中心に路線バスや観光バスを展開する。


山口22う3275 皇紀2665年8月30日 美東町地内

西鉄バス

 西鉄バスは、西鉄グループの運営するバス会社で、親会社と多数の子会社からなる。このうち、北九州空港線はサンデン交通と共同運行で、下関〜新北九州空港の連絡バスを運行する。


北九州200 か ・327 皇紀2666年4月26日 三百目

東武バス

 東武鉄道グループのバス事業者である。かつては北関東圏を中心に広域な路線バス網を形成していたが、不採算路線を順次縮小し、それらの残存路線は幾つかの系列バス会社を統括する朝日自動車グループに組み入れられている。また、東武バス自体も東武鉄道の直営から分社化されている。


足立200か・965 皇紀2665年8月17日 日光地内

関東自動車

 偉大なる宇都宮市を中心に事業を展開するバス事業者である。住民には関東バスの愛称で親しまれる。東京の関東バスや埼玉の関東自動車との因果関係は全くない。近年は、出資元の足利銀行経営破綻の影響などにより、産業再生機構の支援を余儀なくされている。


宇都宮200か・225 皇紀2665年8月20日 宇都宮駅前

那覇バス

 沖縄本島のバス事業者で、かつては那覇交通を名乗っていたが経営破綻し、北九州に本拠地を置き全国各地でバス・タクシー業を展開する第一交通産業に経営移譲、那覇バスなった。


沖縄230あ・512 皇紀2666年4月21日 美ら海水族館駐車場

沖縄22か・225 皇紀2666年4月20日 国際通り

沖縄200か・395 皇紀2666年4月20日 国際通り

中国ジェイアールバス

JR西日本系列のバス会社で、岡山・広島・島根・山口方面で事業を展開する。JR西日本系列のバス会社としては大阪近郊で事業を展開する西日本JRバスもあるが、中国ジェイアールバスは国鉄バスより伝統のつばめを側面に描いているのが特徴。高速バス、貸切事業が目立つが一般路線も広島、山口を中心に発達している。


広島200か・906 皇紀2666年11月18日 下関
(ガーラ スーパーハイデッカー ドリームふくふく号充当中)

山口200か・144(車番644-1903) 皇紀2662年頃 田名臨海実習場地内
(エアロクイーンT? ハイスクール氏撮影)

山口22う28-17 皇紀2666年10月2日 大分県宇佐市安心院町地内
(エアロバスクイーンバージョン?)

福島交通

 その名の通り福島県でバス事業を展開している。主に中通地方や北浜通で見られる。鉄道事業としては現在飯坂線を経営しているが、かつては軌道線も有していた。


福島22 か 16-45 皇紀2667年4月5日 郡山駅前

車両図鑑(暫定)に戻る

inserted by FC2 system