455系交直両用急行形電車

 455系は昭和40年に山岳区間対応の抑速ブレーキを装備して登場した直流・交流20000V 50Hz区間用の交直両用急行形電車である。451系から始まった交流50Hz対応の交直両用急行形電車は、453系で主電動機をMT46からMT54に変更、455系で抑速ブレーキ搭載という流れになっている。

455・457系(JR東日本特別保全工事車)

JR東日本に所属する交直流急行形電車は455系457系である。全車が仙台車両センターに在籍する。455系は直流、交流50Hzに対応する急行形電車で、475系とほぼ同じ昭和40年に登場した。457系は直流、交流50Hz、交流60Hzの全電化区間に対応しており、他に交直流急行形電車を保有するJR西日本やJR九州にも在籍する。455、475、457系は電動車ユニット(モハ―形式数字から1を引く―+クモハ)のみ各形式(455・475・457)を名乗り、それ以外(サハ、サロ、サハシ、クハ、クロハ、クヤ)は全て455である。
いずれも国鉄全盛時代は東北本線系統の急行『まつしま』『あがの』『くりこま』『もりおか』『ざおう』『ばんだい』『せんざん』などで活躍していた。また、直系の祖先にあたる451・453系もかつては存在し、これらは主に常磐線の急行『ときわ』『つくばね』などで活躍していたが、昭和60年3月改正を機に電車急行からは完全に撤退している。451・453系は717系やクヤ455に改造されたもの以外は現存していない。JR発足当初は、451系が3両×5編成=15両(717系0番代改造グループを除く)、453系が3両×14編成=52両(717系100番代改造グループを除く)、455系が3両×51編成=153両、457系が3両×4編成=12両と総勢230両を超える車両が存在したが、段階的に整理されていき、皇紀2667年1月末現在で455・457系が31編成93両となった。
 仙台の急行形は顔こそいじられている(種別幕のLED化、ステンレス鋼による前面強化、アンチクライーマー装備、初期車を中心にヘッドライト&テールライト一体化など)ものばかりだが、屋根上にはベンチレーターが車内もデッキ扉が残っているものばかりである。主に磐越西線で使用される編成を除き、白地に緑帯の塗装をまとう。東北地域本社色(東北色・仙台色・グリーンライナー)と言われ、仙台地区のローカル輸送に使われる455・457・417・717系の他、かつては寝台電車改造の715系1000番台や初期の交直流急行形電車451・453系の一部にも使用されていた。
 仙台の455系・457系は皇紀2667年初の時点で、東北本線黒磯〜一関・利府支線、常磐線いわき〜岩沼(仙台)、磐越西線郡山〜喜多方(磐越西線色車が主だが東北地域本車色車も入線する)で活躍していた。以前は、仙山線や奥羽本線山形〜新庄、常磐線水戸〜いわき、阿武隈急行でも使用されていた。
 皇紀2667年春ダイヤ改正にて、常磐本線系統より一部撤退する見込みで、8編成24両が余剰廃車となる模様である。その後も、E721系の逐次投入により順次置き換わり、最終的には417系・717系ともども全車引退する予定(417系は1編成が訓練車になる見込み)である。既に、皇紀2666年以降は訓練車編成ことS-1編成(クモハ455 1は保存)、S-38、S-50編成が廃車されており、勢力はついに100両を下回った。皇紀2667年2月1日より東北本線ではE721系の投入が開始されるにあたって、東北本線より逐次撤退、常磐線を中心に活躍するものと思われるが、いずれにしろ完全に引退する時期は近づいた。
 なお、本来は交直流車として製造されたJR東日本の455・475系だが、電車急行としての役目を終えて以降は黒磯や取手以南に入線する運用がなく、現在では交直切り替えスイッチが交流側に固定されるなどにより直流区間での走行は事実上不可能である。編成名はSにクモハ455の番号(S-1編成ならクモハ455 1の編成というように)である。3編成しか残っていない457系についてはS-70以降に番号が来るようになっている。


なお、以下に挙げるJR東日本455系は、全先頭車シールドビーム化が施行されているものの、後述の更新車と比べて国鉄時代の形態を残している車輌で、現有車は国鉄時代に特別保全工事を受けている。特保車と呼ばれることも多い。当時の国鉄車両の特徴として、断熱材にアスベストを使用している。後述の更新工事を実施した編成はアスベストを撤去しているが、特別保全工事のみの編成はアスベストを撤去していない。このため、皇紀2667年3月18日改正で特保車の全編成が運用を離脱した。415系の解体が一段落して以降、各地に留置されていた保留車の解体が開始されている。



仙台455系S-46編成クモハ455 46の運転台。交直切換スイッチが交流側に固定されており、現在は事実上交流区間しか走る事が出来ない為【交流区間専用車】というテープが貼られている。また、同車はデフロスターを装備していた。デフロスターはガラスの結露を除去すべく内側に取り付けられた“くもり”を除去する装置で、新製時にはどの車両にも取り付けられていたが、その後多くが取り外され、本車が最後まで残る急行形デフロスター装備車であった。しかし、皇紀2667年2月中にS-46編成は運用を離脱してしまった為、急行形電車からデフロスター装備車が見られなくなってしまった。
455系S-45 皇紀2665年12月29日 黒磯

S-45編成は(←黒磯)クハ455 316・モハ454 45・クモハ455 45(→一ノ関)からなる。電動車ユニットは冷房準備車として落成したグループである。この編成のクハ455-316は元クハ165-181。特保車は皇紀2667年3月改正で運用離脱。
455系S-31(手前)+S-46(奥) 皇紀2666年7月27日 福島

 画像はS-31編成(手前)とS-46編成(奥)。S31編成はオリジナル車からなり、クハ455 53のタイフォンはスリット式である。一方、S-46編成のクハ455 320はクハ165改造車ラストナンバー(321以降はクハ169 900番代改造)であり、また前面が一体型ライト化もステンレス鋼補強もされていないオリジナルに近い形態である。クモハ455 46(後述)は現役最後のデフロスター装備車であったが運用を離脱した。
 東北本線や磐越西線では3両もしくは6両で運転されるが、常磐線ではラッシュ時などに9両編成で運転されることがあり、しなの鉄道の169系とともに国内の現役急行形電車では最大の両数である(かつての13両には及ぶべくもないが)。特保車は皇紀2667年3月改正で運用離脱。
455系S-38(+S-34) 皇紀2666年12月30日 仙台

 S-38編成(クハ455 74+モハ454 38+クモハ455 38)クモハの分散型冷房は急行形でよく見られるAU13Eではなく、旧型のAU12Sを搭載している。電動車ユニットはともに455系冷房準備車として落成した。クハは457系向けの新製冷房車として落成、こちらはAU13Eを積んでいる。クハのタイフォンは回転式だがクモハはシャッター式
 この写真を撮影した約10日後にS-38編成は廃車回送されてしまった。
455系S-34(+S38) 皇紀2666年12月30日 仙台

 S-34編成の陣容はクハ455 609+モハ454 34+クモハ455 34。仙台455系白眉の存在であるクハ455 609の解説は後に回し、電動車ユニットについて。クモハはAU13E型分散冷房を積む。モハはAU72(これは全ての交直流急行形モハ車に共通。)仙台の455系電動車ユニットとしては、最も標準的なタイプである。クハだけが特殊すぎるのだ。なお、クモハのタイフォンはスリット式
 画像はいうまでも無くクモハ側からのもの。特保車は皇紀2667年3月改正で運用離脱。
455系S-46(クモハ455 46) 皇紀2666年12月30日 仙台

 S-46編成のクモハ455 46は、運転席の運転士側及び助士席側ともにデフロスター(曇り止め装置)が装備されていた。おそらく、全国の残存現役急行形電車で最後の模様であった。タイフォンは回転式であった。
 残念ながら皇紀2667年2月に運用を離脱し廃車となった。
 
455系S-51(+S42) 皇紀2666年12月30日 仙台

 S-51編成はクハが元クハ165 146を改造したクハ455 305である。電動車ユニットは冷房準備車で、クモハはシャッター式タイフォン。クロスシート部には栓抜き付テーブルも残存している。
 画像はクモハ側からのもの。なお、クモハでは運転士側、クハでは助士側にジャンパ栓受けがあり、その部分のアンチクライマーが欠き取られている。特保車は皇紀2667年3月改正で運用離脱。
 

455系S-38編成(+S-4編成)快速仙台シティラビット5号 皇紀2667年1月4日 福島(快速サボ画像追加)

 快速 仙台シティラビット は福島〜仙台に設定されている都市間輸送を目的とした快速列車。定期3往復、土休日運転等の臨時3往復が運転されている。地方都市圏でバスに対抗すべく設定された快速列車として特筆に価する。原則的にセミクロスシート車(455・417・719系)が使用され、701系は使用されない。また、専用のヘッドマークが取り付けられる。このうち、定期列車は福島〜藤田及び大河原〜岩沼の各駅と白石・名取に停車する。一方、臨時列車は白石と大河原のみに停車、最高速度は100km/hに抑えられているが、両区間を1時間2分で結び、表定速度79kmという快速としては驚異的な速度(表定速度では、最高時速130km/hで走行するJR各社御自慢の快速列車群に匹敵し、また並の気動車特急や電車特急を上回っている)である。往年の電車急行時代の香りを漂わせる数少ない列車である。
 画像はS38(+S4)編成6連による快速【仙台シティライナー5号】。仙台支社御自慢の列車であり、わざわざ専用のヘッドマークを用意するなど凄まじい意気込みではあるが、その反面、国鉄時代の急行電車より引き継いだ【ばんだい】【せんざん】などや【うみかぜ】【しらゆき】【かまくら】などの名称つき快速をどさくさに紛れて無名にしてしまったJR東日本の姿勢は理解に苦しむ面が無いわけでもない。とはいえ、この快速電車のスタンスには大いに共感できる。
 なお、画像のS-38編成はこの数日後に廃車回送されてしまった。まさに遺影と呼ぶべき写真と化してしまった…

 今後はE721系も仙台シティラビットに投入される。
JR東日本更新工事実施車

 455系の一部はJR化初期にヘッドライトとテールライトが一体となった前面スタイルに変更されたものがある。車内もシートがより座り心地の良いものに交換されている。車体も更新されており、近郊形改造時に使用しなくなったモハ及びクモハのトイレ・洗面所を完全に撤去して立席スペース化(冬季にはスキー用具置き場としても使用)、新製時に使用されていたアスベストも撤去されている。後年には他のJR東日本の急行・近郊形電車のように、前面ステンレス鋼やアンチクライマーを装備して前面強化を図っている。この一体型ヘッドライトや車体更新を実施した455系を便宜的に更新車と言う事も多い。一方、一体型ヘッドライト化をしていない455系も国鉄末期に延命を目的とした特別保全工事を実施しており、特保車と呼ばれることもある。なお、更新車の中には皇紀2660年代に入ると補助電源を旧来のMG(電動発電機)からSIV(静止型インバータ)に交換、さらに常磐線水戸〜いわきのATS-Pに対応させた車両も存在する。この他、特保車ではざっくばらんのタイフォンも更新車では全て覆い型に統一されている。16編成48両に対してこれらの工事が行われており、未更新車が多数廃車となる中、皇紀2667年初頭まで全車健在であったが、磐越西線色車は同年9月、グリーンライナーも東北・常磐線から同年11月に全車引退した。ただ、S-18編成は磐越西線での車両不足によりそれらの引退後も使用された。
455系S-19(+717系T105+455系S41) 皇紀2666年12月30日 仙台

 S-19編成は(クハ455 40+モハ454 19+クモハ455 40)の陣容。以前は磐越西線色で塗られていた時期もあったが、東北地域本社色に戻されている。なお、仙山線で活躍していた頃に「オプチカル色」という奇抜な塗装がなされていた事もある。
 画像はクモハ側。なお、クハ455 40は以前大分地区に配置されていた事がある。九州地区の急行形電車先頭車は、雨樋先端部まで屋根の灰色が延びており、クハ455 40もその名残で雨樋先端部まで灰色だが、、仙台の455系では灰色が雨樋先端まで延びていないため、他の仙台地区455系先頭車の中でも異彩を放っている。
 なお、この時は455系S19編成+717系T105編成+455系S41編成による異系列混成堂々9両編成であった。717系が混結されている為、常磐線北部方面で稀にしか見ることの出来ない編成である。
455系S-19編成 皇紀2667年7月27日 鹿島

 更新車でもっとも早く運用離脱したと思われたS-19編成だが、その後復帰し、他のグリーンライナー455系と共に常磐線原ノ町〜岩沼と東北本線岩沼〜仙台〜利府で最後の運用に就いている。
 画像は鹿島で457系S-72編成+455系S-20編成乗車中に撮影した。クモハ方。
クハ455 2(S-4編成) 皇紀2667年1月4日 郡山

 かなり初期の455系で構成されるS-4編成(クハ455 2+モハ454 4+クモハ455 4)。クハは現在クハ455 1やクヤ455が廃車されてしまったため、北陸に残るクハ451を除くと最若番のクハ455である。
 画像はクハ455 2。北陸の471系編成に組まれているクハ451を除き、最若番の急行形電車クハである。
 皇紀2667年3月改正で運用を離脱した。しかし、S-4編成のクハ455 2とモハ454 4は鉄道博物館で休憩車両として活用されることが決まり、LED幕から旧来の幕に復元の上、大宮へクモハ455 1とともに回送された。
455系S-42(+S51) 皇紀2666年12月30日 福島

 S-42編成の陣容は(クハ455 72+モハ454 42+クモハ42)。電動車ユニットは冷房準備車でクモハはAU12S、一方クハは457系向けの新製冷房車でAU13Eを搭載する。後述の九州最後の白熱灯装備クハ455 70と2番しか離れていない。
 画像は現在の仙台455系で最長距離の仙台〜黒磯を走行する2152Mに充当されているS42(+S51)編成のクハ455 72側。
 皇紀2667年3月改正以降も辛うじて運用が残っていたが、455系列の完全撤退により引退。

455系S-4編成(+S38編成)快速仙台シティラビット5号 皇紀2667年1月4日 福島

 455系リニューアル車による仙台シティラビットのヘッドマークを取り付けた姿。「顔が恐い」特保車や「変な顔」の更新車、「所詮は近郊形」の417系、「所詮はJR型」の719系とどこかしら難癖をつけられがちな仙台地区の車輌もこのヘッドマークを付ければたちまち絵になるというもんである(???)
 画像はS-4編成。なお、皇紀2667年3月改正にて特保車とともに運用を離脱したが、現在、当編成のモハ454 4とクハ455 2は大宮の鉄道博物館において休憩車両として活用されている。クモハ455 4は解体された。
455系S-20編成(+S-72編成) 皇紀2667年7月27日 仙台

 S-20編成のクハはクハ455 54。AU13形対応冷房準備車として落成した。更新工事を実施しSIV搭載。
 後方は457系S-72編成。皇紀2667年3月改正で特保車が全滅、さらに6月改正にて磐越西線色車が全滅してからは、常磐線原ノ町以北と東北本線岩沼〜仙台〜利府で運用に就く更新車が、JR東日本に残る最後の455・457系定期運用となってしまったが、それらも既にない。皇紀2667年12月現在、磐越西線で暫定的に運用についているS-17編成がJR東日本最後の455系である。
455系S-8編成 皇紀2667年4月5日 郡山

 S-8編成は更新工事が実施されており、SIVも搭載している。クハ車は元サハ165-6を先頭車化及び455系化したクハ455-505。
455系S-40(手前)+S-2 皇紀2665年12月29日 郡山

 磐越西線で使用される455系は、3両に跨る白と赤の塗装に変更されているものがある。同様に、かつては仙山線で活躍していた車輌に青と白の塗装がされていたこともあったが、仙山線からの撤退により現在は東北地域本社色に戻されたので、現存する455系の線区専用色は、磐越西線色のみである。
 このうちS-40編成はかつて快速ばんだい用に1両だけ存在したクロハ455-1(半室グリーン車)を組み込んでいる。
 一方、S-2編成は仙台の急行形電車においては訓練車のS-1編成の次に古い編成で、455系営業用車両では最古参である(ただし、交直両用急行形電車全体では、北陸の471系の方が古い)。JR初期に更新工事が実施されている。
 現在は両編成とも磐越西線色を纏い、磐越西線を中心に活躍する。S40にはあかべこステッカーなし、S2にはあり。
 磐越西線色車は皇紀2667年6月30日限りで全車運用離脱。同年9月にさよなら運転が実施された。
455系S-6編成 皇紀2667年4月5日 会津若松

 S-6編成は初期の電動車ユニットと冷準車のクハ455-46からなる。更新工事が実施されており、現在は磐越西線色に塗り替えられて、マスコットキャラクター『あかべぇ』のステッカーを貼られている。
 画像は磐越西線で最後の活躍をするS-6編成。磐越西線色車は皇紀2667年6月30日限りで全車運用離脱。同年9月にさよなら運転が実施された。
455系S-25編成(左)&S-6編成(右) 皇紀2667年4月5日 会津若松

 こうやって会津若松で455系の並びが見られるのも過去のものとなった。
 右はS-6編成。一方、左はS-25編成。注目のクハ車は元クハ165-169を改造したクハ455-312である。このクハ455 312は165系時代に大垣や宮原に所属しており、一時期153系の不足先頭車を補うべく新快速色になっていたこともある。ちなみに画像はクモハ方。

 磐越西線色車は皇紀2667年6月30日限りで全車運用離脱。同年9月にさよなら運転が実施された。

急行形電車に戻る

inserted by FC2 system