東葛人車鉄道

 鉄道網が発達する前、江戸川・利根川水運は物資輸送に重要な役割を担っていた。この両水路を短絡する木下(きおろし)街道もまた基幹の輸送路であった。そのような中、この木下街道上に人車軌道の設置計画が浮上し、時此れ皇紀2569年(明治42年)に現在の新京成電鉄鎌ヶ谷付近から中山村(現 市川市)深町地区まで、東葛人車鉄道(とうかつじんしゃてつどう)が開業。当初は貨物営業のみだったが、翌々年より旅客営業が始まった。明治末年には深町から中山村鬼越まで延長開業。そして、皇紀2572年(大正2年)に鬼越から総武本線中山駅(大正4年に下総中山駅に改称)への連絡線と鬼越から行徳河原まで開業、全通した。
 行徳延伸は、江戸川水路への連絡を目的としていた。当人車鉄道の注目すべき点は、中山付近で総武本線と、なんと平面交差していたところ。現在より圧倒的に列車本数が少ない当時でも、蒸気機関車牽引の列車が行き来する幹線の総武本線に地域密着の小さな人車が交差する光景があったとは、想像を掻き立てられるところである。さらに、当鉄道存在中に京成電気軌道(現 形成電鉄京成本線)が中山まで到達したが、そちらとも平面交差を行っていた。
 積極的に延伸を図っていた当鉄道だが、経営戦略が脆弱だったため収支は悪化、借入を繰り返す負債の連鎖を繰り返した。窮余極まった社長は、株主の承認を得ぬままに一存で馬込(法典とも)〜鎌ヶ谷のレールが撤去を指示し、大正6年に同区間の軌道は撤去された(当時は第一次世界大戦中で、鉄材価格が高騰していた)。追い討ちをかけるように、翌年には行徳付近が台風による高潮で壊滅的な打撃を受け、軌道も一部が流出。また、当時、江戸川放水路の建設が行われており、完成の際には当鉄道は分断されることになっていた。これらの事情により、皇紀2578年(大正7年)に営業停止となり、会社は解散。東葛人車軌道は10年にも満たない短い生涯を終えた。
 陸の孤島と言われていた行徳に、ほんの一時期ではあるが、初めて到達した軌道系交通機関である。その後、本格的な鉄道である帝都高速度鉄道営団(現 東京地下鉄)東西線が開業する昭和44年まで50年以上にわたって行徳は鉄道不毛地帯のままであった。放漫経営によって潰れた感の強い東葛人車鉄道は、野心的な計画も持っており、その中には蒸気化や浦安延伸もあった。会社解散に至った放蕩ぶりな経営陣による妄想の一環と受け取れる一方、もしこれが実現されていた場合、現在のベットタウン化した浦安や行徳の状況を見るにつけ、どのような発展を遂げたのかこちらも妄想することができる。

 元々人車軌道という廃線跡が残りづらい性格の上、大正時代に消滅してすでに90年以上の月日が経っているために、明確な遺構は全く無い。よって、廃線跡をたどるには人車鉄道が通っていた場所をトレースするしか術が無いのである。調査は皇紀2668年6月7日

ただでさえ道路併用軌道だった上に、廃止後90年以上経っている東葛人車鉄道に明確な遺構があるはずもない。線路がどこを通っていたかをさぐることしか今はできない。
旧江戸川から東京湾まで一直線に延びる江戸川放水路は、東葛人車鉄道存在中には工事最中であり、当該区間はまだ未開発の湿地帯であったので、盛土で越えていた。完成の際には、当鉄道は放水路によって線路が分断させられることになっていたが、他の要因も重なって、自滅に近い形で会社解散となってしまったため、結局、東葛人車鉄道と放水路が同時に存在する機会はなかった。
 東葛人車鉄道が通っていたのは、現在の水道導水管橋梁がある場所とされる。
廃線跡の位置にあるとされる水道橋の近くにきて見た。廃線跡はもはや川の中にある。
なんとなく水道橋の下にある木が廃線跡の墓標とも生まれ変わりともいえるような存在に思えた。
廃線跡から中山・鎌ヶ谷方面を見ると、道路が見えるのでこれが廃線跡の道路のよう。一方、行徳側も水道橋の先は道路となって続いている。
水道橋の河口側に東西線が通っている。さらにその1.5km河口側には京葉線が通っている。いずれも東葛人車鉄道がなくなって50年以上後に建設された鉄道である。恐れ多くも国鉄線路をそのまま横断するという野心的ながらどこか牧歌的な人車軌道がいた時代から半世紀以上後に生まれた後輩は、都心へと向かう人々の無くてはならぬ重要インフラとして日夜大活躍中である。今や川面に沈んだ行徳初の鉄軌道たる大先輩は、その横でいつまでも彼らを見守っていてくれるであろう。
江戸川放水路堤防上にはゲートが見られるが、時たま低規格のレールを転用したものもある。よもや東葛人車鉄道のものかと思えば、後年の堤防工事機に使用されたであろう建設トロッコのものとも考えられる。多分後者だと思う。

 10年と満たない期間しかこの世界に存在せず、この世界を去って既に100年近くの時を過ごしている東葛人車鉄道。もはやその名を知っている人は一握りのみであろうが、それらに対し、小さな人車軌道が大きな鉄道を跨いだ等、数々の伝説を今も遺してくれている。

鉄道出棺(廃線跡)に戻る

inserted by FC2 system