下関港貨物線 市営上屋線その1

 かつて下関駅貨物ヤードから下関港へと延びていた貨物線は、一つは下関大丸の横をすり抜けて唐戸・細江町方面へ延びていた線、一つは下関駅南東方向の第一・第二突堤方面へ延びていた線、一つは下関駅貨物ヤード南端から小瀬戸海峡に沿いながら山陽本線を潜り抜けて下関駅西側の漁港市場方面へほぼ半周するように延びていた線の三方向に大別されます。現在は、いずれの路線も営業を取りやめていますが、これらの路線が港町下関を支えてきた非常に功績は大きいものがあります。ここでは、このうち、下関港で主に外国貿易に使用される第一突堤や市営上屋などがある第二突堤方面へ延びていた貨物線の廃線跡現状を報告します。なお、トワイライトゾーンMANUAL5に下関の貨物線についての記載があり、巻末の昭和42年度の全国専用線一覧表も参考にしました。当サイトでは、第二突堤方面の貨物線を市営上屋線、魚市場方面に延びていた路線を大浜線、唐戸方面に延びていた路線を細江線と呼ばせていただきます。万が一、詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら、御教授戴けましたら幸いです。それでは、どうぞ。

遺構の画像(画像をクリックすると大きくなります。なお、一部の画像にある数字に意味はありません。) 説明文
下関駅貨物扱い所の北端部です。手前方向にかつては細江線が延びていました。細江線は国鉄時代には廃止されていたと思われますが、市営上屋線が下関駅貨物扱い所の北端で構内に合流していた関係上、廃止後も細江線が大丸直前まで引き上げ線として残っていたようです。市営上屋線は画像の車止めより少し手前側から左側に分岐していました。撮影日は特記のない限り全て皇紀2666年(平成18年)5月7日
分岐してすぐの場所から上記場所の方を見た画像です。昭和17年に高架化された下関駅構内が見えます。上記画像の左奥に見えるマンションの建設に伴って、廃線跡が舗装化されたようです。皇紀2665年5月頃に近くを通った際は未舗装だったと思いますので、舗装化されたのは至極最近のようです。
廃線跡を転用した舗装道路は港湾道路との交差部まで50mほど続いております。緩くカーブした道路が鉄道廃線跡らしさを感じさせます。
廃線跡を転用した舗装路は最初に交差する港湾道路の踏切跡でなくなり、その先は未舗装の線路跡が続きます。ここから先は不法投棄をする輩がいるためか、次の港湾道路との交差部までの間は立入禁止になっています。この立入禁止区間から右手に側線が分岐していたようです。
上の踏切跡の下関側には線路下埋設標が残っておりました。この他、画像の左上にも古レールが埋まっているのが確認できます。踏切防護柵にでも使用されていたのでしょうか。
その踏切跡の突堤方から下関方を眺めた画像です。線路跡の道路が緩いカーブを描いているのがこちらからも分かります。この写真の撮影日は同年5月3日です。
踏切跡の突堤方には古枕木で埋められていた箇所もありました。無理に通り抜けられないこともないですが、立入禁止らしいので一旦この先の踏切跡まで迂回します。この写真の撮影日は同年5月3日です。
迂回先から下関方を覗いた画像です。線路跡はレールこそありませんが、バラストが残り雰囲気は良好です。画像中央の柵付近から画像左手に分岐する工場引込線があったようです。側線使用者とは現在調査中です。この引込線は南に向きを変え、東大和地内の工場に引き込まれていたようです。また、写真右側手前の建物の前を通って貨物側線が分岐していたようです。この貨物側線は第一突堤北側に延びていたようです。この写真の撮影日は同年5月3日です。
二つ目の踏切跡からまた下関方面を望みます。手前側が市営上屋(第二突堤)方面に向かう貨物線で、画像右方向に第一突堤北側に延びていた貨物線がありました。第一突堤はそんなに大きくないのですが、北側・中央部・南側の三箇所に3本の側線が延びていたようです。第一突堤が主に国際貿易に使用される性格上からでしょうか。この写真の撮影日は同年5月3日です。
二つ目の踏切跡の先から、なんとレールが出現します!しかも、ポイントが残ったままです。画像で、直進側が第一突堤南側及び市営上屋方面の貨物線左に分岐するのが第一突堤中央部付近に延びていた貨物線のレールですが、左側に分岐していた側線はすぐにレールが途切れます。この写真の撮影日は同年5月3日です
第一突堤中央に延びていた引込み線跡は港湾道路のアスファルト部にその名残を見出すことが出来ます。この先の建物敷地内では完全に跡が消滅しておりますが、さらにその先、立入禁止区域直前とのわずかな箇所ににも踏切跡が残っております
2つ上の画像で示したのポイントを直進するとまたポイントがあります。左側が第一突堤南側への引込線、直進側が第二突堤方面への貨物線跡です。


その2に進む

鉄道出棺(廃線)跡に戻る

inserted by FC2 system