日本国有鉄道 小松島線

 徳島県小松島市には、徳島港の港湾設備不足によりそれになり代わりかつて関西方面への旅客船が発着していた小松島港がある。徳島港の港内設備が充実し、さらには大鳴門橋や明石海峡大橋など、徳島から淡路島経由で関西を直接陸路で結ぶ現在となっては徳島港と併合し徳島小松島港の一部扱いとなり、定期旅客船舶は無く、貨物港の色彩強しである。しかし、前述の通り、かつては徳島県を代表する旅客港として発達した経緯があり、そのための連絡鉄道として建設されたのが、小松島軽便線(阿波国共同汽船が建設し国が借り上げ。皇紀2577年(大正6年)に買収)であった。時此れ皇紀2573年(大正2年)である。今は牟岐線となっている徳島〜中田および中田〜小松島の11.1kmである。皇紀2582年(大正11年)に小松島線に改称される。
 皇紀2640年(昭和15年)には小松島駅の構内側線延長扱いで小松島港仮乗降場を開業させている(徐々に港湾設備を充実させた徳島港への対抗の意図もあった)。その後、皇紀2621年(昭和36年)4月1日に牟岐線の再編に伴い、徳島〜中田9.2kmは牟岐線、中田〜小松島1.9kmを小松島線とした(ちなみに、この時に牟岐線羽ノ浦〜古庄の支線が廃止)。それ以来、国鉄線で最短路線となった。徳島線急行「よしの川」が直通する等、小松島港の連絡鉄道として引き続き機能したものの、モーターリゼーションの発達により年々乗降客は減少の一途を辿った。さらに、牟岐線と独立の路線となりなおかつ距離も短かったため、独立採算とした場合、必然的に収入は少なく営業係数は高くなった。これにより、第一次交通線に指定され、皇紀2645年(昭和60年)3月13日限りで全廃された。廃止日まで急行「よしの川」が快速列車として乗り入れしていた。かつては隆盛を誇った小松島港も、その後定期旅客船は廃止され、貨物港としてのみ機能しているのは前述の通りである。
 
 徳島の歴史に深く関わりながら、時代の変化と経営体の都合に翻弄され幕を閉じた小松島線の28年目の現状を調査した。調査日は皇紀2673年(平成25年)5月3日。
 (本ページカットオーバー 皇紀2673年6月9日)

調査は小松島駅側から実施した。今の小松島市の玄関口となっているのは、牟岐線の南小松島駅。小松島線の小松島駅とは川を挟み徒歩10分程度の距離である。特別急行「むろと」「剣山」も停車する。その「剣山」の前身であった急行「よしの川」は、小松島線廃止後、代替として南小松島始発の1往復が設定された事もある。
ちなみに、駅舎横にはJR四国系列のパン店チェーン「ウィリーウィンキー」が存在する。旅客会社で100万都市圏が全くなく、経営基盤貧弱過ぎなJR四国においては、少しでも増収策が不可欠なのである。
して、暫し歩くと小松島線小松島駅跡を転用した「小松島ステーションパーク」に到着する。本当のところは、「小松島ステーションパーク」の位置は徳島気動車区小松島支区等があった辺りのようである。
小松島港駅乗り場があった辺りには合同庁舎等が建つ。その先に、小松島客貨車区や小松島港仮乗降場があり、最短線区の渾名に反しかなり広大な構内を誇っていた。
さて、ステーションパーク内に突入を開始すると今の住人、いや住猫が…
ちなみに、民間航空発祥の地碑、なるものも存在する。稲毛海岸にも同じ内容の記念碑があるが、あちらが奈良原三次男爵が私費を投じて作成した航空機の飛行試験を顕彰したものに対し、こちらは地元の幾原知重氏が米国カーチス式複葉機を用いて飛行を行った事を記念したものであるという。
時系列的には若干稲毛海岸の出来事の方が早いようだが、いずれにしろ100年以上前の出来事であり、我が国の航空事情においても相当黎明期にあたるものである。ただし、幾原氏は小松島に戻った際に披露した飛行に於いて墜落し、その数年後に他界されたそうだ。
その記念碑周囲を別の住猫がうろつく。
さらに進むと何やら鉄道車両らしきものが出現する。
小松島駅ホームを模したオブジェと保存車両が存在する。ただし、当時の小松島駅や小松島港仮乗降場とは全く関係ない位置にある。ここはSL広場と言うそうな。
駅名板だけそれらしい書体のような気もするが新しいので後年作られたものか。
保存されているのはC12形280号機とオハフ50 272。C12 280の前にだけ柵がある。塗り替えられているようだが、余り状態がよいともいえない。
オハフ50 272の方は、塗装が全く旧態と異なっており、車内もシートの大半が撤去されており、かなり現役時代の様相は損なわれている。
尾燈も片方が抜け落ちている。とはいえ、50系自体の保存車両が貴重な存在である事に変わりはない。
一応、説明板もついている。
C12の方にも説明板がある。
小松島ステーションパークに車輪を模した車止めがある。何となく皮肉に見えるけど。
小松島ステーションパークから中田駅方面は自転車道路になっている。
途中、徳島バスを発見。小松島市街地から徳島市街へは現存する牟岐線南小松島駅よりもバスの方が利便性はよさそう(スピードはそうでもないだろうけど。まあ、自家用車の方が優勢だろうね)
途中昔の小松島市街をかいた説明板あり。
ステンレスのもあり、こちらは昔の小松島駅構内配線図も存在するが、風化しつつある。
ひたすら進む。あまり遺構らしいものはない。
モニュメント的に残された中継信号機が印象的である。
しかし、歩道と自転車部分を時々クロスさせる意図はなんじゃろ?
クロス箇所は3か所はあったかしら。
ほとんど宅地に囲まれているが、中田駅に近づくと若干畑地脇を通過する地点もある。小川を渡る場所も複数あるが、橋台は鉄道時代のものではない。
やがて牟岐線が近づいてくる。
牟岐線もまだスプリングポイントである。特急運転線区とはいえな。
小松島線転用道路もそのまま中田駅前につながる構造になっている。
中田駅は駅舎は昔のままだ。白い宝箱もある。駐輪場が屋根なしなのもご愛嬌か。

 かつて、小松島が徳島と関西を結ぶ重要なルート・拠点にあった事を今に伝える小松島線の痕跡であった。

鉄道出棺(廃線跡)に戻る

inserted by FC2 system