帝國海軍(吉部鉱業)荒川鉱業軌道跡

 かつて美祢線の南大嶺駅からは大嶺駅までの支線が延びていた。開通は美祢方面よりも古く、この地域に豊富に存在する鉱物資源の輸送に供されたのである。その今は亡き美祢線大嶺支線大嶺駅跡より北方にある荒川坑も大嶺地区の有力な炭坑の一つであった。この荒川坑は、明治期に大日本帝國海軍省によって掘削された。当地区の基幹坑道として設置されており、大正期に民間企業に譲渡された。その後、幾度となく経営企業の変遷が相次ぎ、山陽無煙鉱業所荒川坑まで明治期の姿を堅持しながら使用された。
 皇紀2630年(昭和45年)に一旦閉山するものの、皇紀2640年(昭和55年)に吉部鉱業の手によって再び採掘を開始。しかし、平成3年に再度閉山を迎えている。
 美祢市教育委員会では、明治期の基幹坑道の支保様式を残す当坑の保存を決定し、平成13年より美祢市指定有形文化財となっている。
 坑道に軌道はつき物である。荒川坑とて例外ではなく、金網で閉鎖された坑道内に今もレールが敷かれ、その上には運搬用トロッコが鎮座、保存されている。また、坑道前の空き地にも一部レールが残っていたり、犬釘が落ちていたりなど、軌道跡の痕跡が多数存在する。

 

←旧美祢線大嶺支線大嶺駅より北方の山間部にある荒川地区に残る荒川坑基幹坑道。大日本帝國海軍省によって明治期に建設されて以来、経営母体を幾度となく変えながら平成の世まで生きながらえてきた。坑口はコンクリートによって装飾されている。美祢市指定有形文化財。
→荒川水平坑の案内看板。どうも平成13年以降の設置らしいが、それでいて昭和チックな手書きの文体がなかせる。美祢市教育委員会には逸材がいるのだろう。
←坑口前の数mだが、当時のポイントが残存している。
→坑口は金網で閉鎖されているが、内部を覗いてみると、当時の運搬用車両が保存されている。当坑の様式は壁際に排水溝を設置し、入口はコンクリート装飾、内部は煉瓦壁で覆われている。車両の先、すぐに行き止まりのように見えるが、実際はこれよりずっと奥まで続いており、閉山と共に完全閉鎖された模様。
←それにしてもナローのレールをじっと眺められるとは、今、探そうと思ってもなかなかあるもんじゃないからねぇ。数mとは残っていてくれるだけでありがたい。
→犬釘が落ちていた。ナロー規格だから小さいねぇ。
←付近に遺された枕木の山。軌道のものだろうか。
→短いレールも転がっている。欲しいような気がするがわしでは持ち帰れないのでパス。
←付近には炭鉱関連の施設が残っている。全くの無人地帯というわけではなく、民家も見受けられる。
→炭鉱関連施設の中に見えた、掘削関連の機械であろうか。もう動くこともあるまい。
←ご安全に

鉄道出棺(廃線跡)に戻る

inserted by FC2 system